2011年03月15日

関係団体支援表明

日本勤労者山岳連盟では、3月14日緊急理事会を開いて、地震被害支援を論議するとのことです。少しでも被災者を励ます支援ができればと思います。
声明はPDFで発信されていますが、携帯電話では確認できない場合があるので以下に概略を記します。

@勤労者山岳連盟全国理事会は、理事長を責任者とする「日本勤労者山岳連盟東日本大震災対策本部を設置する。
A対策本部は奥羽・東北両協議会と協議しつつ、支援活動の具体化を行う
B対策本部は義援金募集を全国会員に提起する
C現地の復興状況に対応し、全国の労山会員にボランティアを募集する。これには、現地の労山会員が協力する。また、派遣する地方連盟はこれを支援する。
D被災者会員やその家族に、被害に応じた見舞金等を送る
支援のカンパにとどまらず、労山会員が自ら現地に足を運び、たとえ1日だけでも被災者とともに、その地域の再生と復興の「心を通わせた」支援の活動に参加することを提案したい。
posted by 日本登山医学会ブログ at 09:45| Comment(0) | 支援