2011年04月11日

日下先生の簡単報告 4/8-10

日下先生の簡単報告

4月8から10日にかけて現地に行ってきました。日下です。
金曜は北上中学校避難所をたずね、結局土日は、石巻日赤の院内支援にまわり、救急外来をしてきました。いきさつはいろいろとありましたが、最後は石巻圏合同救護チームのgeneral managerが同期なので、直接連絡をとり、人員不足の部署、単発でヘルプ可能な部署、ということでそうなりました。チーム本部は日赤にありますが、そこでは石巻から気仙沼に及ぶ広域圏の把握されている避難所、医療施設の医療状況、支援医療チームの分配をしていました。

仙台、石巻とも、SAや幹線道路沿いの大きなスーパーには必要な物は食料品含めて売っています。コンビニも品薄ですが、食料品もおいています。北上中学校そばの店でも営業始めていました。避難所に行く前に現地で調達するなどして、なるべく被災地で消費するほうが経済効果があるので、すべてこちらで準備して現地で買い物をしない、ということはない方がよいと思われました。不意の余震で
断水や停電になると閉店したりはありますから、滞在日数分の必要物資を車載しておくことは必要ですが、とっておけるもの、帰りに現地に置いてこられるもの、は最後までとっておいて、なるべく現地で買い物するようにと思いました。

日下
posted by 日本登山医学会ブログ at 22:53| Comment(0) | 支援
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]