2011年04月05日

被災地におけるツツガ虫病について

国立感染症研究所より、被災地におけるツツガ虫病についての注意喚起
がなされております(今月1日付)。
http://idsc.nih.go.jp/earthquake2011/RiskAssessment/
20110401tutugamusi.html

東北地方はそろそろ春のツツガムシ病の発生時期に入っております。ツツガムシ病は、現代社会にあっては林業や農作業、ハイキングや釣りなどでごく稀に感染する程度でしたが、昔と違って最近のツツガムシ病は太平洋側の地域でも見られるようになっており、また、被災地では野外 作業の時間が多くなるため、感染する機会が増えそうです。

ツツガムシ病は、ツツガムシという微小なダニの幼虫の一部がツツガムシ病リケッチアを保有しており、そのダニが皮膚に吸着した際にリケッチアが感染して発症し、時には急激に死亡に至りうる疾患です。しかし、適切に予防すれば発症を防げますし、的確な治療を行なえば完全に治癒しますので、まずはツツガムシ病の存在を認識することが重要でしょう。

予防については、ツツガムシ病リケッチアはヒトからヒトへは感染しませんので、ダニの吸着を避けることが最も重要です。ツツガムシ幼虫は草むらや土におりますが、目に見える大きさではなく、また皮膚に付着しても自覚できません。野外作業、特に郊外や山地での作業の際は、皮膚を露出させて草や土がつかないよう長袖、長ズボン、長靴を着用しましょう。また、帽子やジャケット、タオルなどを不用意に草むらや地面に置かないようにします。アウトドアや登山で使うDEET配合の虫除けスプレーはツツガムシの付着予防にも有効とされています。また、ツツガムシは皮膚に付着してもすぐには吸着(咬着)しないので、野外作業後の入浴や着衣の洗濯も有効です。

治療については医療機関であればたいてい使用しているテトラサイクリン系の抗生物質が有効ですが、「つつが無きようお過ごしください」という言葉が死語になりつつある現代社会にあっては、医師にとってなかなか診断が難しい疾患となっています。典型例では野外活動後1〜2週間前後に高熱、全身の紅斑、ダニ刺し口、リンパ腺腫脹が認められます。ダニ刺し口は、必ずしも皮膚露出部にあるとは限りません。受診時の注意として、野外活動後、特に草むらでの作業後の高熱、紅斑が問診
のポイントでしょう。的確な治療で完全に治癒しますが、診断が遅れると血液障害などをきたし致命的になる場合が多いので、まずは疾患の存在を認識することが重要です。なお、診断を確定した医師は、保健所へ患者発生の届け出が必要となります。

日本登山医学会評議員 梶谷博(いちいクリニック)
posted by 日本登山医学会ブログ at 11:56| Comment(0) | 感染症
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]