2011年03月30日

山内武巳先生(石巻専修大学)より

自宅、家族ともに大きな被害は受けずにすみました。
震災後、泥運びなどのボランティア活動を行なっています。大学自体は震災の被害がなく、地域の方の避難所、日赤の診療所、ボランティアセンター、行政などに場所貸ししており、教員は研究室、実験室等に自由に出入りでいない状態が続いています。
今日は石巻広域圏に応援物資を届けた後に、女川町の北にある御前浜に様子を見に行ってきました。
御前浜は東に大きな出島があるので、もしかしたら村落が残っているのかと思いましたが、残念ながら女川と一緒で全て流されていました。

日本登山医学会の先生方には医療ボランティアとして宮城県を中心に活動していただき、ありがとうございます。私にできることは何でもやりたいと思っています。医療活動をお手伝いすることはできませんが、もし私に手伝えることがありましたら、ご連絡ください。
山内武巳(石巻専修大学)
posted by 日本登山医学会ブログ at 08:00| Comment(0) | 会員情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]