2011年03月17日

支援申し入れ

本日3/17日、日本登山医学会あてに、アウトドア関連企業から、以下のようにお申し出がありました。
現時点では、日本登山医学会が医師を派遣しているわけではありませんが、これからはありうるかもしれません。それだけではなく、このようなお申し出を震災対策司令本部に結び付ける役割も果たせれば、と考えております。
ありがたくお受けしたい、とご返事いたいました。
お申し出いただいた企業様、本当にありがとうございます。

事務局 増山茂

**********
突然メールをお送りする失礼をお許し下さい。
日本モンブランクラブの知人より、日本登山医学会から低体温症対策のため被災地へ医師を派遣しておられると伺い、連絡申し上げます。

この度の災害で窮状にある方々のため、スイスアーミーナイフ(マルチツール)をはじめ、救済活動や避難所生活にお役立ていただけるものを提供できないかと考えております。

倉庫も計画停電などで稼動が不安定でもあり、数も限られてはいますが、効果的に必要なものを必要とされているところにお届けするためのルートを探しています。

日本登山医学会のスタッフのお役に立てるもの、また被災者のお役に立つものがあれば御提供申し上げたく存じます。
数量に限りはありますが、スイスアーミーナイフ、小型フラッシュライト、鞄、キッチンナイフなど在庫から御提供できます。
現在、本社から寝袋、テント、バックパックの支給を手配中ですので、それらも御用立て可能です。
お忙しいところ恐縮ですが、もしお役に立てるようでしたら御一報いただけますと幸甚です。
posted by 日本登山医学会ブログ at 20:24| Comment(1) | 支援
この記事へのコメント
4月に都からの要請で気仙沼に医療支援で行く予定です。

アウトドア用品の支援があると、その後に行くチームも助かるのですが。。。
Posted by 藤森 at 2011年03月23日 00:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]